カードローンの返済に遅れそうな時はどうすればいい?

カードローンの返済に遅れそうな時は、必ず銀行側に連絡をすることが重要です。逆に、1番やってはならないことは、「連絡をしない」「無視する」ことです。カードローンは、原則として無担保・無保証で借り入れを行っていますが、言い換えれば、利用者を信用して融資をしていることとなります。

信用とは、約束を守ることですから、支払いもせずに何の連絡もしないとなれば、自分自身の信用を大きく損なうこととなるのです。また、支払いの遅れでは、最初は電話やはがきで連絡がきますが、さらにそれを無視すると、自宅に督促状が届くようになり、その後の返済を一括で支払わなければならなくなります。

返済の遅れは、自分自身の信用を著しく低下させることはもちろん、その後に一括請求となったり、給料の差し押さえを受ける場合もあります。毎月の返済が遅れることは、何1つご自身のプラスになることはありませんので、遅れずにしっかりと返済することが重要なのです。

消費者金融の与信審査の実態について

消費者金融業者が借り入れの申し込みを受けた場合、受付担当者が申込者の身分証明書や収入を証明する資料を拝見した後に、氏名、生年月日、住所、勤務先、自宅や携帯電話や職場の電話番号、他社の借り入れ状況など(以下「属性」と言います)を聴取しますが、与信審査は基本的にコンピュータが行います。

属性をコンピュータに打ち込めば申込者に対して貸付ができるか否か、また幾ら貸付ができるのかが速やかに判断できるようになっています。貸付できるか否かは専ら属性で決まりますので借り入れ申込者の人柄などといったコンピュータが判断できない要素は特に問題視されていません。

貸金業者は原則として借り入れ申込者にお金を貸したいと思っています。当然ですが貸付しないと利息収入が得られないからです。よって、住所があり(賃貸でも構いませんが持ち家の方が信用力が上がります)、定収入があり、著しい多重債務に陥っていなければ、余程問題がない限り貸してくれます。

違法な消費者金融を見極める時の2つのポイント

消費者金融はWEB完結でキャッシングをする事が出来るのですごく便利です。また即日融資を受ける事も出来るので早くお金を借りたい時に利用するとすごく助かります。最近では生活費の補てんだけでなく遊興費など些細な理由で消費者金融を利用する人が増えてきていますが、違法な業者が少なからず存在しているので業者を選ぶ時には注意する必要があります。そこで違法な消費者金融を見極める時にポイントになる点を挙げていく事にしましょう。

・上限金利が20%以上で設定されている

貸金業法で貸金業者が貸付を行う時に上限金利は20%までと決められています。消費者金融は上限金利は18%から20%で設定されている事が多いですが、違法な消費者金融は上限金利が20%以上で設定されています。上限金利が20%以上で設定されている消費者金融は違法な業者なので絶対に利用しないようにしましょう。

・総量規制を無視している

貸金業法では貸金業者が貸付を行う時に年収の3分の1以上を超えてはいけないと決められています。この決まりを総量規制と呼ばれていて消費者金融は対象となっています。それで優良な消費者金融は総量規制をしっかり守って貸付を行っていますが、違法な消費者金融は無視しているので注意するようにしましょう。

ユーザーにメリットの大きいキャッシング

現在では銀行、クレジットカード会社、消費者金融など多くの金融機関からキャッシングサービスが提供されています。各金融機関の間での顧客獲得競争も激しいようです。競争原理の結果としてキャッシングでお金を借りる私たちユーザーにとってメリットの大きいサービスも登場してきています。

即日キャッシングですとか、無利息キャッシングなど多くのひとがキャッシングを利用してみても良いかなとつい感じてしまうようなサービスまで登場しています。私も無利息キャッシングを目当てににして消費者金融に申し込んでみたことがあります。

利息が1円もかからないのであればお金を借りてみようと思ったのです。私が利用したのはプロミスから提供されていめ30日間無利息キャッシングです。

キャッシングを利用した日から30日以内に全額返済すれば利息は0円ということになります。返済に50日かかったとしても30日間は無利息なので利息のかかるのは残りの20日間ということになる大変メリットの大きいサービスです。私はボーナスの支給日が30日以内に来るように工夫してプロミスに申し込みをしました。

私にとって消費者金融に申し込みをするのは初めての経験でしが、これがとても簡単でちょっと気が抜けてしまうほどでした。スマホで必要事項を記入して身分証明書を撮影したデータを送るだけで審査を受けることができました。借りたお金はボーナスが出るとすぐに全額返済したので利息は1円もかかりませんでした。

今後もユーザーにメリットの大きいキャッシングサービスが出てくれることを期待したいと思っています。

消費者金融のキャッシングは借りる時も借りた後もバレません

お金が無いときのキャッシングは本当にありがたいものです。ただそれは、既に苦境を脱した今だから言えることで、今現在お金に困っている人からしたら、お金に困りながらもそれ以上にキャッシングに対する不安の方が大きいかもしれません。私自身がそうでした。

やはり心配なのは、キャッシングを受けてそれが周囲にバレたらどうしようだとか、借りた後にしつこくされても困るなということでした。

それでまず、キャッシングを受ける際の借りられるかどうかの基本的なチェックは、健康保険証など公的な機関が発行するカードの番号で為されますから、ここでバレる心配はまったくありません。

問題は本人確認についてですが、消費者金融ですと社員の個人名(偽名であることが多いそうです)を使って、勤務先などに電話をかけてきます。ここで本人が電話に出た場合、本人であることを確認したあと初めて、会社名を名乗ります。

もしこの時、本人が電話口に出れない場合には、会社名は出さずに電話を切ります。そして、本人不在でも在籍確認は終了するのです。教えた勤務先に、実際に勤めていることが分かれば、それでいいからです。

最後に借りた後の営業については、消費者金融によって異なりますが、DMが送られてくるにしても、会社名を外側に印刷した封筒は使いませんから、家族に開けられない限り安心です。

キャッシングができるようになる速度は自動契約機と窓口利用のどちらが早いのか

銀行でキャッシングの契約をするために窓口を訪れたとします。銀行は入出金だけでなく、投資信託や定期預金などの手続きをする人もいるので混雑することが多いです。そのため、手続きを開始するには5分から30分以上かかってしまうこともあります。書類を書くのに約10分、次の審査で1時間かかると考えれば1時間30分近く必要になるので、遅いと感じても不思議ではないです。

例外的手法ですが、窓口の待ち時間を短縮する方法も一応あります。やり方は金融機関が営業を開始した直前に来店するだけです。店内に入り番号札を即座に受け取れば、おそらく3番以内となるので数分以内に呼ばれます。こちらを選ぶとキャッシングの契約にかかる時間は1時間10分ほどです。

自動契約機の方は順番待ちになる事は滅多にないので、行けばすぐに手続きを開始できます。入力に10分、審査は機械で行うので早ければ40分ほどで済むため、かかる時間は合計すると50分ほどです。

PCの扱いに手慣れている人なら、入力時間を2分ほど短縮して8分にできるかもしれません。可能な場合は合わせれば48分となります。

これらの事情から早さの点では窓口利用よりも、自動契約機の方がやや優れています。なので、キャッシングをすぐにでも利用したいと希望する時は、自動契約機を使うと良さそうです。

キャッシングの利息は金利から見ることができる

キャッシングの利息は金利によって決められることになるわけですがその元となるそもそもいくら借りたのかということに大きく影響されることは当然であると言えるでしょう。金利は0%から18%の間で決められることになります。これが利息に影響するということになりますので注意しておきましょう。

当然ですが低い方が良いということになります。その人のこれまでの借入履歴とかあるいは収入そのもの、信用力というのに大きく影響されることになりますので人によっていくらで借りるのかというのは業者によって違うということよりもその人々によって違いが出てくるということになるわけです。そこがなかなか難しいことになります。もちろん業者がどの程度の金利の幅を設けているのかというのも大事です。

プロミスの自営者カードローンの魅力とは

プロミスは個人事業主がスムーズに資金調達をするのを助ける自営者カードローンというカードローンの取り扱いがあります。同カードローンの魅力を紹介していきます。

・保証人や担保や不要

自営者カードローンは無担保型のローンであるため、連帯保証人や担保などは不要で、最高300万円まで融資を受けることができます。

・私的な利用もOK

自営者カードローンを利用して借りたお金は、事業資金としてだけでなくプライベートな資金としても利用可能です。

・審査が早い

自営者カードローンは最短で即日の融資に対応しています。急に事業性資金が必要となったときには心強い味方となります。

・自動契約コーナーで契約できる

自営者カードローンは自動契約コーナーで申し込みから契約、借入までの手続きを一貫して行えます。