キャッシング業者を比較するときのコツ

いろいろなキャッシング業者があるわけですが、色々と比較したほうがよいことも多いです。では、何処を比較するべきであるのかとなりますが第一に金利になります。金利が低いほうがよいのは言うまでもないことでしょう。しかし、単純に下限金利を比較しても殆ど意味がないことになります。

最高金利のほうを比較したほうがよいでしょう。上限金利のほうがまずは比較する価値があるといえるでしょう。まず、最初はその金利で借りる事になる可能性が高くなってしまうことになりますから、そちらのほうが比較するメリットが大きいです。後は細かい利便性などもしっかりと比較しておいたほうがよいでしょう。何故かといいますと返済の方式などにも色々と違いがあるのです。

年収0の専業主婦でもキャッシングできる方法

「今月はお金がピンチ!どうしよう」なんて悩んでいませんか?

2010年から実地された法律、総量規制によって、本人の年収の三分の一までしか借りることができなくなりました。

専業主婦にとってはお財布が厳しくなってしまいましたね。

でも大丈夫、この総量規制には例外があります。

それは配偶者貸付と銀行ローンです。

配偶者貸付とは、夫と妻の年収を合わせた金額の三分の一まで借りることができるというものです。

申請するには夫の同意書や収入証明書などがいるので、こっそり借りることはできません。

もし内緒でお金をかりたいのなら、銀行ローンという手があります。

銀行ローンはこの法律の対象外なので、本人の身分証明書だけで借りることができます。

どうしてもお金を借りなければいけないなら、これらの利用を検討してみましょう。

キャッシングをうまく利用できる最強な主婦

主婦がキャッシングを利用する利便性としては、出産などで仕事を辞めた後は手持ちのお金がなくて困ってしまうという事がたびたびおこりますが、銀行窓口には行く暇がない場合でもコンビニなどで、キャッシング可能なATMを利用して簡単に現金引き出しができるので便利です。

もちろん自分の口座がすっからかんの場合も借りれますが、返済の目処がない場合には失敗するので、よく計画して借りる必要があります。

「返す目処を立てて借りる」それはもちろんお金を借りるわけですから最低必要な条件です。

テレビでも何度か目にしているキャッシング会社の返済手数料がかからないなど、メリットをよく知り借りメリットが大きいと思う場合には利用すれば良いのです。

また、月末には給料が入るなど返済が可能だとわかっていれば問題ないでしょうが、収入予定がない場合や、返済の目処が立たないほどの大きな金額は大変危険です。

休日に突入したりして手持ちの現金がない!という事態でもすぐに解決するキャッシングをうまく利用できる様になれば、主婦としては最強ではないでしょうか。

消費者金融から債務整理を進められることはあるのか?

消費者金融も、借金の返済ができない人が出てくると、その処理に困るわけですが、処理方法の一つとして、自分から債務整理を債務者側に提案するというのはあるのだろうか?

と考える人もいるでしょうが、基本的には債務整理を消費者金融側から進めるようなことはありません。

借金の減額といった可能性が基本的に高い確率でありますし、金利も適用無しというようなかなり不利な条件を提示されますし、

元本よりも回収できるお金が減ってしまいますので、経営的には損失が発生しやすいのです。

それ故、まず消費者金融からは積極的に債務整理の提案をすることはないでしょう。(相談されたときには、少しいうかもしれませんが。)

示談契約など別の解決策ができれば、それを提案してくると思われます。