入院費用が検討もつかなくて、1枚のETCを使用する為に持っていたカードからキャッシングをした事について。

数か月前の事になりますが、私は「がん」と診断され、近くの市立病院から大学病院に紹介をされて、手術を受けることになりました。

それは、私よりも私の父が一番、驚いていたみたいで、「金はどうすればいいのか」と頭を抱えてこんで悩んでいる状況でした。

勿論私も多少は「お金か。」と思いましたが、がん保険に加入していたので、そんなに心配していませんでしたが、考えてみるとそうなのです。

がん保険は、退院後もしくは治療に一段落ついてから、請求するものであって、しばらくしてからしか、振り込まれないことを忘れていました。

そこで、ETCを利用する時に使うカードにキャッシング機能が付いていたのを思い出し、カード会社に確認すると50万円まで借りる事が分かりました。

そして、手術を受け、結果は初期のガンで済みましたので、経過観察という事で、3ヶ月に1度の通院になり、退院することになりました。私はドキドキしながら、請求書を見ましたが、8時間もする手術を受け、3ヶ月間の入院で、50万円の半分以下の治療費でした。

そして、カード会社にスマートフォンからインターネットで申し込むことが出来、申し込んだ翌日には指定した金融機関の口座にお金が振り込まれていました。

そして、保険会社からの医療費(入院給付金など)が振り込まれてすぐに、キャッシングを一括して返済しました。キャッシングというと、何かしら暗いイメージもありますが、今回は直ぐに一括返済をしたので利息も付きませんでしたし、保険と同じで「もしもの時」の為には役に立つものだなと思いました。

しかし、当然のことながら、余計な金額のキャッシングはしないように気を付けたいとも実感した出来事でした。

カードローン会社選びでは利息の高低に注目

数あるカードローン会社から、どの会社に申し込もうか迷うことは多いと思います。会社選びのポイントとして、利率の高低で決めるというのも大切な要素の一つです。

利率の数字だけでみると大した差を感じないかもしれませんが、返済期間が長引くとこの数字の差が大きな額になってきます。

銀行系のカードローンの方が利率が低く、最大利率で12パーセントから14パーセントが一般的ですが、その分審査が厳しいです。

消費者金融は足並みを揃えて最大利率を18パーセントにしており、審査も銀行系に比べると甘いです。

プロミスに関してのみは、最大利率を17.8パーセントに設定しています。

利率だけがカードローン選びの要素ではありませんが、大きな要素にはなります。

女性が利用するのに便利なプロミスのレディースローンの活用

キャッシングを利用する上で申込みや各種手続きをする必要がありますが、女性にとっては使いにくい部分もあります。プロミスでは、女性が使いやすいように女性専用のキャッシングサービスであるレディースローンを提供しています。レディースローンでは、女性スタッフがあらゆる手続きを担当しており、利用者が必要とする手続きを女性スタッフを通して行う事が可能です。

キャッシングで借りたお金は、ショッピングなどあらゆる用途で使えるのが利点であり、プロミスのレディースローンは主婦や学生でも利用する事が出来ますので、様々な場面で活用出来ます。借入利率は4.5%から17.8%となっており、借入額が多いほど低い借入利率が適用される仕組みです。

金利を気にするならまず比較表を探そう

キャッシングの金利というのは各社さまざまな設定がされ知恵増すが、金利比較にはまず金利一覧表を探してみましょう。

金利比較票は一発で自分が借入してみたい会社とそのほかの会社との金利が比較できますので、金利面でいちいち会社や銀行のHPを調べてみなくてもいいメリットがあります。

また、金利比較をすることによって借入のしやすさがどれくらいなのだろうかという比較にもなりますので(一般的に低金利な会社ほど借り入れはしにくい)

自分の属性を考えた上での借金の契約申し込み先が決まってくるというわけなのであります。

時間を節約したいときには、金利のははやみ表は大変便利ですので、インターネットで検索してみて調べてみるといいでしょう。