5~6社のカードローンをおまとめローンにした体験

10年程前から消費者金融などからキャッシングをし少しずつ返済が難しくなっていました。5年ほど前に某消費者金融に駄目もとでおまとめローンの申し込みをしたところ、すんなりOKとなりました。その会社積極的におまとめローンの勧誘をしており、何度か直接連絡をいただいておりました。

最初は不安だったのでスルーしておりましたが、返済が難しくなってきておりましたの勇気を出して申し込みました。持っている全部のカードをお伝えし、カードローンのみならずショッピングで利用していた分もまとめてもらいました。

利用後は確実に毎月の返済額減りまた返すところも1箇所になりとてもシンプルになり精神的にも楽になりました。3年かけて支払う予定でしたが、余裕のあるときは随意時返済も可能でしたので予定よりも1年ほど早く返済を完了することができました。

担保や保証人なしで簡単にお金を借りられるキャッシング

手持ちのお金が不足をしてしまい、どこからかお金を借りなくてはならないという場合にその方法として一番安全なのが親や兄弟などの肉親や友人に頼み込んで多少の金額を融通してもらうことです。そうした方が高金利でお金を借りずに済みますし、よほどの不義理をしない限り厳しい取り立てなどに遭うこともないからです。

しかし、いくら親しい間柄だからといって軽い気持ちでお金の融通を頼むことはときとしてその親しい関係性に思わぬ亀裂を生じさせてしまうこともあります。そのため、どうしてもやむを得ない場合を除いてはキャッシングなどを利用して自分の力で必要な分のお金を工面することが望ましいと思われます。

お金を借りる方法はいくつもありますが、なかでもキャッシングのサービスは担保や保証人もなしで簡単な手続きのみでお金を借りることができるのでおすすめです。

一度審査落ちしたカードローンはどのタイミングなら再申し込みOK?

カードローンの審査は、必ず通過するものでは無く、大手消費者金融でも新規成約率は40%台です。一度審査落ちしたからといって、将来的に契約できないものでもありません。個人信用情報では、申込みから6ヶ月間は情報が管理され、他社申込みをしても審査落ちになります。

では、これを超えれば再申し込みしてOKかというと、そうではありません。再申し込みする際には、スコアリング判定での評価が高くなるタイミング、返済能力という点で収入がアップするなどが需要になります。先ずは、1年以上の期間が経過すれば、勤続年数や収入で違いがでるため、年単位でタイミングを図ることが重要です。

ただし、どれか一つの評価が上がったとしても、安定性という点が無ければ、あまり期待は出来ません。特に転職などで勤続年数が短くなるのは、キャッシング契約では避ける必要があります。