キャッシング枠の少し下の金額までの利用が安心してキャッシングを利用できる秘訣です

年末からお正月にかけて何かと支出の増える時期を迎えます。事前に現金を用意していたにもかかわらずついバーゲンセールで買いすぎてしまったり、プレゼントやお土産代に予想以上にお金を使ってしまうことがあります。でも大丈夫です。最近は様々な銀行や信販会社がキャッシングサービスを実施しているので、急きょ現金が必要になった方にも安心してお金を用立てしてくれます。

もちろんどの金融機関でキャッシングを利用するのか各社の契約内容をよく調べ、そして比較したうえで自分に合ったところを利用することが大切です。心配な方はキャッシング可能枠をできるだけ少額に設定しておくと不安なく利用できるます。

自分が返済できる金額を自分の中でしっかり認識しておき、できればその金額には達しない額までで利用するのか賢い利用方法です。キャッシング利用可能枠限界まで利用してしまうと、またどうしても絶対必要な時に困ったことになってしまい、また違うところでキャッシングを利用するという悪循環が生じしていまいます。

大切なことは、信頼できる金融機関から自分の返済可能な金額の少し下の金額までをキャッシングするという、ぶれない自分を持ち続けることです。一本芯が入って利用すると後々困ることは無いはずです。

審査の緩いキャッシングを見つけるコツ

最近は色々な会社がキャッシングのサービスを提供しています。

申し込みも簡単で審査も迅速に終了するので貯金がなくてお金に困っているときにとても助かる存在です。

そんな便利なキャッシングですが審査に通過しないとお金を借りることができません。

申し込み条件は20歳以上ならアルバイト、派遣社員、契約社員、パートでもOKとあるので自分で働いて収入を得ているなら誰でも申し込むことができます。

なので誰でも審査に通過できるように思えますが、そう甘くはありません。

キャッシング会社はお金を貸してその利息で利益を得ているので貸し倒れを防ぐためにきっちり審査をしています。

この審査基準は会社ごとに違っていてしかも公開されていません。

外から見ただけではどの会社が審査が緩いのかはわからないと思います。

しかし同じキャッシングでも借りやすい会社と借りにくい会社は存在します。

一般的に消費者金融系は審査が緩くて借りやすいと評判です。

これは銀行系よりも利息が高めに設定されていてその分審査が緩く借り入れしやすい仕組みになっているからなんです。

利息が高めに設定されているので返済の時の負担は増えてしまいますが、どうしても今すぐにお金が必要だというときには頼りになります。

督促の電話には出るべき!

キャッシングの返済が遅れた時、自宅や携帯に督促の電話が入ることがある。

手持ちがない、メドがない、何言われるんだろう、怖い、出たくない・・!

その気持ちは十分わかるが、絶対に出た方がいい。

貸し手の立場からすれば、一番困るのは利用者の状況が掴めないことなのだ。

もし、長い間連絡を無視した後に電話に出たら、「なぜご連絡いただけなかったのですか?」と聞かれるかもしれない。

もっと嫌味なことを言われる可能性もある。それでも、それは一時のこと。我慢しよう。

貸し手ができることは2つ。

①時間をとって待つ、②金額を下げる。

「今、払えません」と言えば、「給料日はいつ?」「他に収入は?」「いくらなら払える?」など聞かれるだろうが、

正直に答えれば何らかの提案をしてくれるはず。

その時点で何も決められなければ、マメに連絡を入れてその都度状況を伝えることにすればいい。

ちなみに、キャッシングの事業者が信用情報機関に利用者の状況を報告する際、

返済の遅れが「客の事情」なのか、「理由不明」か、もしくは「震災など客以外の事情」か、といった事も併せて伝えられる。

各社は定期的に審査を行っており、複数の利用がある場合、他にも制限がかかることが考えられる。

利息は1日毎についていく。元金が多ければ多いほど利息も当然高くなる。

放っておくほど状況は悪くなるのだ。

とりあえず、督促の電話には出ておこう。