利用頻度が多いよりも完済することが意外に重要!

銀行や消費者金融のカードローンは、優良顧客と認められることで利用限度枠の増額や適用金利見直しが行われます。この際、個人信用情報における信用度合や契約先における信用が重要になります。しかし、取引実績が多いすなわち利用頻度が多いことが信用アップに繋がるという認識には注意が必要です。

利用頻度が多いということは、収支バランスが悪く借り入れに頼っていると判断することもでき、途上与信に改善が見込めないということになります。一方、直近の利用実績は無いものの、完済したといった実績の方が評価的には高くなります。

あくまで利用は一時的なものであり、収支バランスが安定していると判断することが可能です。重要なことは、借り入れした後は一度でも完済するということであり、継続的な利用には注意を払う必要があります。利用残高があり、返済を行っているものの、同時に借り入れを行っているということは自転車操業状態にあるとも見えてしまいます。

特に最低返済額だけを返済して、それを上回る借り入れが定期的に発生しないようにすることが重要です。先ずは、返済できるときに多めの金額として、必要な分だけ借り入れするなど返済額が上回るようにしましょう。

お金の返済をする時期の心がけについて

お金の返済をするときにどんなふうに考えて生活していけばいいのかという点ですが、お金の返済をするために心掛けてほしいのは

やはり少しでも早くお金を返していこうという点です。

お金を減らすためには早いほどいいといわれています。 金利は時がたつにつれて金利によって返す額が増えていきます。

また、早めに返済をしたほうが精神的にもかなり楽になっていきますから、返済は早めにやっていった方が色々な面で

負担というのがなくなります。 更には、気持ちが続いているうちに頑張っていった方が長期的なマンネリを防ぐために効果的でもあります。

ですので、お金を返済するのに早めに返済しようという考えをしっかりと持って返済することをお勧めします。

督促の電話には出るべき!

キャッシングの返済が遅れた時、自宅や携帯に督促の電話が入ることがある。

手持ちがない、メドがない、何言われるんだろう、怖い、出たくない・・!

その気持ちは十分わかるが、絶対に出た方がいい。

貸し手の立場からすれば、一番困るのは利用者の状況が掴めないことなのだ。

もし、長い間連絡を無視した後に電話に出たら、「なぜご連絡いただけなかったのですか?」と聞かれるかもしれない。

もっと嫌味なことを言われる可能性もある。それでも、それは一時のこと。我慢しよう。

貸し手ができることは2つ。

①時間をとって待つ、②金額を下げる。

「今、払えません」と言えば、「給料日はいつ?」「他に収入は?」「いくらなら払える?」など聞かれるだろうが、

正直に答えれば何らかの提案をしてくれるはず。

その時点で何も決められなければ、マメに連絡を入れてその都度状況を伝えることにすればいい。

ちなみに、キャッシングの事業者が信用情報機関に利用者の状況を報告する際、

返済の遅れが「客の事情」なのか、「理由不明」か、もしくは「震災など客以外の事情」か、といった事も併せて伝えられる。

各社は定期的に審査を行っており、複数の利用がある場合、他にも制限がかかることが考えられる。

利息は1日毎についていく。元金が多ければ多いほど利息も当然高くなる。

放っておくほど状況は悪くなるのだ。

とりあえず、督促の電話には出ておこう。

カードローンで即日返済をすると利息は0?

キャッシングで借りたお金を即日で返済するケースは、稀だと思いますけど、ないことはないです。その日のうちに返せるならば何で借りたんだ?ということになりますが、たまたま何らかの理由で臨時収入が入り、その日のうちに返せる目処が立ったということも全くありえないわけではありません。

そうなれば、利息が1円もかからないでカードローンを利用できることになるんじゃないの?と思うはずです。実際、これはどうなのでしょうか?利息はかからないのでしょうか?これは利息を加算していくスタートの日がいつになっているか?を確認すれば分かります。

借りた日からなのか?借りた翌日なのか?だいたいこの2パターンです。ただ、どちらかというと、後者の借りた翌日からというケースが多いように感じます。特に消費者金融のは。だから、念のために確認しておいた方が良いですが、当日に返済ができれば多くの場合で利息を全く支払うことなくお金が借りられるということになるのでしょう。

そういった機会はなかなかないと思いますけど、借りる当日に何かしら収入の当てがある場合、例えばギャンブルをやるので、もし勝てれば返済できるとか、そういったときには今回のようなことを覚えておくと良いでしょう。