担保や保証人なしで簡単にお金を借りられるキャッシング

手持ちのお金が不足をしてしまい、どこからかお金を借りなくてはならないという場合にその方法として一番安全なのが親や兄弟などの肉親や友人に頼み込んで多少の金額を融通してもらうことです。そうした方が高金利でお金を借りずに済みますし、よほどの不義理をしない限り厳しい取り立てなどに遭うこともないからです。

しかし、いくら親しい間柄だからといって軽い気持ちでお金の融通を頼むことはときとしてその親しい関係性に思わぬ亀裂を生じさせてしまうこともあります。そのため、どうしてもやむを得ない場合を除いてはキャッシングなどを利用して自分の力で必要な分のお金を工面することが望ましいと思われます。

お金を借りる方法はいくつもありますが、なかでもキャッシングのサービスは担保や保証人もなしで簡単な手続きのみでお金を借りることができるのでおすすめです。

審査の緩いキャッシングを見つけるコツ

最近は色々な会社がキャッシングのサービスを提供しています。

申し込みも簡単で審査も迅速に終了するので貯金がなくてお金に困っているときにとても助かる存在です。

そんな便利なキャッシングですが審査に通過しないとお金を借りることができません。

申し込み条件は20歳以上ならアルバイト、派遣社員、契約社員、パートでもOKとあるので自分で働いて収入を得ているなら誰でも申し込むことができます。

なので誰でも審査に通過できるように思えますが、そう甘くはありません。

キャッシング会社はお金を貸してその利息で利益を得ているので貸し倒れを防ぐためにきっちり審査をしています。

この審査基準は会社ごとに違っていてしかも公開されていません。

外から見ただけではどの会社が審査が緩いのかはわからないと思います。

しかし同じキャッシングでも借りやすい会社と借りにくい会社は存在します。

一般的に消費者金融系は審査が緩くて借りやすいと評判です。

これは銀行系よりも利息が高めに設定されていてその分審査が緩く借り入れしやすい仕組みになっているからなんです。

利息が高めに設定されているので返済の時の負担は増えてしまいますが、どうしても今すぐにお金が必要だというときには頼りになります。

定期的な収入が無い時のキャッシング審査

キャッシング審査に通るには定期的な収入があるという事は重要であり、金融業者のカードローン審査に通る為の条件としては基本的に成人以上で定期収入を持つ事が必要です。

そこで定期的な収入が無い時のキャッシング審査はどうすれば良いのか気になる方も居ますが、本人に収入が無ければ審査に通る事は無いと考えた方が良いですし、消費者金融では原則定期的な収入を持っている事は必要です。

ただし、銀行カードローンの場合には本人に定期的な収入が無くても、配偶者に定期的な収入があれば問題なく使えるサービスもあり、配偶者の収入証明や婚姻関係を証明する事によって、本人に定期的な収入が無くてもキャッシング審査に通る事もあります。

ただし、返済を行わないと信用に影響が出るものですから、定期的な収入を本人が持っていない状態での借り入れはリスクがありますし、いざという時に対応出来ない場合もあり、配偶者と話し合った上で借り入れを行う事が必要です。

使う用途も明確にして、返済もいつまでに返していくのかハッキリとさせて使わないと、本人に定期的な収入が無い状態で借金する事はリスクになりますし、配偶者の信用にも直結する事になりますから注意が必要と言えます。