楽天銀行スーパーローンの審査のポイントについて

楽天銀行スーパーローンは申込方法がネットのみなのでスマホで手続きをしてお金を借りる事が出来るカードローンです。それにより利用したいと考える人が増えてきていますが、審査が可決されないと利用する事が出来ません。審査は誰でも可決されるわけではないのでポイントになる点をしっかり押さえておく必要があります。そこで楽天銀行スーパーローンの審査のポイントについて見ていく事にしましょう。

・利用条件に満たしていないと審査が可決されない

楽天銀行スーパーローンは20歳以上62歳以下で安定した収入がある人というのが利用条件になっています。この利用条件を満たしていないと審査が可決されないので押さえておきたいポイントになります。

・投資や年金以外の収入がないと審査が可決されない

投資や年金も一般的には収入になりますが、楽天銀行スーパーローンの審査では認められません。楽天銀行スーパーローンの審査で認められるのは給与収入、事業収入、不動産収入などが挙げられるので押さえておきたいポイントになります。

・勤続期間が6ヶ月未満だと審査が可決されない

申し込みをする時に勤務先を申告しますが、在籍確認が取れても勤続年数が3ヶ月未満だと信用されないので楽天銀行スーパーローンの審査は可決されません。勤続期間が最低でも6ヶ月以上が必要になるのも押さえておきたいポイントになります。

消費者金融の与信審査の実態について

消費者金融業者が借り入れの申し込みを受けた場合、受付担当者が申込者の身分証明書や収入を証明する資料を拝見した後に、氏名、生年月日、住所、勤務先、自宅や携帯電話や職場の電話番号、他社の借り入れ状況など(以下「属性」と言います)を聴取しますが、与信審査は基本的にコンピュータが行います。

属性をコンピュータに打ち込めば申込者に対して貸付ができるか否か、また幾ら貸付ができるのかが速やかに判断できるようになっています。貸付できるか否かは専ら属性で決まりますので借り入れ申込者の人柄などといったコンピュータが判断できない要素は特に問題視されていません。

貸金業者は原則として借り入れ申込者にお金を貸したいと思っています。当然ですが貸付しないと利息収入が得られないからです。よって、住所があり(賃貸でも構いませんが持ち家の方が信用力が上がります)、定収入があり、著しい多重債務に陥っていなければ、余程問題がない限り貸してくれます。

アプリからでも送れる本人確認書類

さまざまな機能がついたスマートフォンはどんなことにも使うことができる便利なツールですが、キャッシングにおいても例外ではありません。

大手消費者金融のプロミスなどでは、スマホのカメラ機能を利用してスマホアプリから本人確認書類を撮影して送信することで、その場にいながら申し込みを行なうことのできるサービスを実施しています。

また借り入れ額によっては必要となる収入証明書も同様に撮影したデータを送ることで完了させることができるので、スマホさえあれば場所を問わずキャッシングをすることができるようになっています。

プロミスではローンカードを必要としないスマホ完結のキャッシングを行なうこともできるので、スピーディに借り入れを行なうことも可能です。

担保や保証人なしで簡単にお金を借りられるキャッシング

手持ちのお金が不足をしてしまい、どこからかお金を借りなくてはならないという場合にその方法として一番安全なのが親や兄弟などの肉親や友人に頼み込んで多少の金額を融通してもらうことです。そうした方が高金利でお金を借りずに済みますし、よほどの不義理をしない限り厳しい取り立てなどに遭うこともないからです。

しかし、いくら親しい間柄だからといって軽い気持ちでお金の融通を頼むことはときとしてその親しい関係性に思わぬ亀裂を生じさせてしまうこともあります。そのため、どうしてもやむを得ない場合を除いてはキャッシングなどを利用して自分の力で必要な分のお金を工面することが望ましいと思われます。

お金を借りる方法はいくつもありますが、なかでもキャッシングのサービスは担保や保証人もなしで簡単な手続きのみでお金を借りることができるのでおすすめです。

審査の緩いキャッシングを見つけるコツ

最近は色々な会社がキャッシングのサービスを提供しています。

申し込みも簡単で審査も迅速に終了するので貯金がなくてお金に困っているときにとても助かる存在です。

そんな便利なキャッシングですが審査に通過しないとお金を借りることができません。

申し込み条件は20歳以上ならアルバイト、派遣社員、契約社員、パートでもOKとあるので自分で働いて収入を得ているなら誰でも申し込むことができます。

なので誰でも審査に通過できるように思えますが、そう甘くはありません。

キャッシング会社はお金を貸してその利息で利益を得ているので貸し倒れを防ぐためにきっちり審査をしています。

この審査基準は会社ごとに違っていてしかも公開されていません。

外から見ただけではどの会社が審査が緩いのかはわからないと思います。

しかし同じキャッシングでも借りやすい会社と借りにくい会社は存在します。

一般的に消費者金融系は審査が緩くて借りやすいと評判です。

これは銀行系よりも利息が高めに設定されていてその分審査が緩く借り入れしやすい仕組みになっているからなんです。

利息が高めに設定されているので返済の時の負担は増えてしまいますが、どうしても今すぐにお金が必要だというときには頼りになります。

定期的な収入が無い時のキャッシング審査

キャッシング審査に通るには定期的な収入があるという事は重要であり、金融業者のカードローン審査に通る為の条件としては基本的に成人以上で定期収入を持つ事が必要です。

そこで定期的な収入が無い時のキャッシング審査はどうすれば良いのか気になる方も居ますが、本人に収入が無ければ審査に通る事は無いと考えた方が良いですし、消費者金融では原則定期的な収入を持っている事は必要です。

ただし、銀行カードローンの場合には本人に定期的な収入が無くても、配偶者に定期的な収入があれば問題なく使えるサービスもあり、配偶者の収入証明や婚姻関係を証明する事によって、本人に定期的な収入が無くてもキャッシング審査に通る事もあります。

ただし、返済を行わないと信用に影響が出るものですから、定期的な収入を本人が持っていない状態での借り入れはリスクがありますし、いざという時に対応出来ない場合もあり、配偶者と話し合った上で借り入れを行う事が必要です。

使う用途も明確にして、返済もいつまでに返していくのかハッキリとさせて使わないと、本人に定期的な収入が無い状態で借金する事はリスクになりますし、配偶者の信用にも直結する事になりますから注意が必要と言えます。