キャッシングとカードローンの金利と審査を比較!

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは見た感じでは同じように思えるかと思いますが、比較するとかなり異なる点があります。しっかり比べてから審査申し込みをすることをオススメします。

例えば金利面です。銀行のカードローンは金利が低く消費者金融のキャッシングは金利が高いと思っている方が多いでしょうが、借入額が50万円以下の場合にはほとんど変わらないケースがあります。

一方で審査基準はカードローンの方が厳しい傾向がありますので、もし少額での融資を考えていて審査に通るか不安があるならば、キャッシングに申し込むのも良いでしょう。キャッシング業者の多くは初めての借入の場合に無利息キャンペーンを行っていることもあり、利用することで結果的には銀行カードローンよりも金利面で得をすることが出来るかもしれません。

カードローン会社選びでは利息の高低に注目

数あるカードローン会社から、どの会社に申し込もうか迷うことは多いと思います。会社選びのポイントとして、利率の高低で決めるというのも大切な要素の一つです。

利率の数字だけでみると大した差を感じないかもしれませんが、返済期間が長引くとこの数字の差が大きな額になってきます。

銀行系のカードローンの方が利率が低く、最大利率で12パーセントから14パーセントが一般的ですが、その分審査が厳しいです。

消費者金融は足並みを揃えて最大利率を18パーセントにしており、審査も銀行系に比べると甘いです。

プロミスに関してのみは、最大利率を17.8パーセントに設定しています。

利率だけがカードローン選びの要素ではありませんが、大きな要素にはなります。

金利を気にするならまず比較表を探そう

キャッシングの金利というのは各社さまざまな設定がされ知恵増すが、金利比較にはまず金利一覧表を探してみましょう。

金利比較票は一発で自分が借入してみたい会社とそのほかの会社との金利が比較できますので、金利面でいちいち会社や銀行のHPを調べてみなくてもいいメリットがあります。

また、金利比較をすることによって借入のしやすさがどれくらいなのだろうかという比較にもなりますので(一般的に低金利な会社ほど借り入れはしにくい)

自分の属性を考えた上での借金の契約申し込み先が決まってくるというわけなのであります。

時間を節約したいときには、金利のははやみ表は大変便利ですので、インターネットで検索してみて調べてみるといいでしょう。

キャッシングのキャンペーンで利息をお得に

私は、ややおっちょこちょいなところがあるため、自分でも気をつけてはいるのですが、仕事の拘束時間の都合もあり、どうしても、延滞金や手数料がついてしまったり、ちょっとした事故による出費(保険を使わない方がいいかな?くらいのもの)や子どもの習い事で急に道具が壊れたなくした、などの積もり積もったものなどで、予定外の出費がけっこうあります。こうやって書き出してみると、そういったものも含めて予定しておくのがいいのですがなかなか・・・。

それで、どうしても困った時にはキャッシングを利用するのですが、キャッシングの便利さはよいのですが、気になるのが利息ですよね・・。リボ払いなんかよりもずっと高い利息がつくと思うと、よっぽどでないといいや、と躊躇してしまうと思います。でもお金は必要だし・・。

そんな時、私はまず楽天カードのサイトをチェックするようにしています。楽天ではちょくちょくキャッシングの金利のキャンペーンを開催しており、いつもよりもかなりかなりお得にキャッシングできる時があるのです。返済時期やATM手数料によっては、他のカードの方がお得になる場合もあるかもしれませんが、基本的には、一番安いだろうという金利の時もあるので、オススメです。