長期借り入れならカードローンは向かない!お得と感じられない要因は?

銀行や消費者金融のカードローンは、借り入れの都度審査が無いため、手軽に繰り返して借り入れが出来るため便利です。しかし、銀行カードローンでも上限金利は平均14~15%以内、大手消費者金融でも上限18%と低いものではありません。しかし、インターネットで検索すると、銀行カードローンは金利が低くてお得といった紹介をすることも多いのが実情です。

先ず、銀行や大手消費者金融のカードローンは長期借り入れには向きません。利用限度額が低い場合、上限金利が適用されるケースが多く、長期的に借り入れをするほど、発生する利息は高くなっています。そのため、長期借り入れであれば、より金利の低い目的ローンを選択するのがポイントです。

ですが、消費者の心理としては10%以上の金利は非常に高く感じ、5%や7%でも高く感じます。そもそも、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどは3%以下で規約できるものも多く、これらの金利が基準となっていることがあります。そのため、長期借り入れを希望する場合は、可能な限り金利が低く、審査時間もそれ相応の長さで正当な評価を受けられるローンを選ぶことが重要です。金利が低くてお得、銀行だから金利が低いといった紹介に惑わされず、長期借り入れをする際にはそれに特化したものを選ぶのが肝心です。

キャッシング枠の少し下の金額までの利用が安心してキャッシングを利用できる秘訣です

年末からお正月にかけて何かと支出の増える時期を迎えます。事前に現金を用意していたにもかかわらずついバーゲンセールで買いすぎてしまったり、プレゼントやお土産代に予想以上にお金を使ってしまうことがあります。でも大丈夫です。最近は様々な銀行や信販会社がキャッシングサービスを実施しているので、急きょ現金が必要になった方にも安心してお金を用立てしてくれます。

もちろんどの金融機関でキャッシングを利用するのか各社の契約内容をよく調べ、そして比較したうえで自分に合ったところを利用することが大切です。心配な方はキャッシング可能枠をできるだけ少額に設定しておくと不安なく利用できるます。

自分が返済できる金額を自分の中でしっかり認識しておき、できればその金額には達しない額までで利用するのか賢い利用方法です。キャッシング利用可能枠限界まで利用してしまうと、またどうしても絶対必要な時に困ったことになってしまい、また違うところでキャッシングを利用するという悪循環が生じしていまいます。

大切なことは、信頼できる金融機関から自分の返済可能な金額の少し下の金額までをキャッシングするという、ぶれない自分を持ち続けることです。一本芯が入って利用すると後々困ることは無いはずです。