アイフルの出産ローンの詳細など

出産の際には何かと費用がかかるものですし、入院費用などは公的補助だけではまかないきれないこともあります。大手消費者金融のアイフルでは本人または配偶者の出産費用をお得に借りることができる出産ローンというサービスがあり、出産費用の捻出に利用をおすすめできます。同ローンサービスの詳細についてみていきましょう。

・金利と融資限度額

2018年2月28日時点で実質年率は9.8%から12.0%、融資限度額は50万円までとなっています。

・契約の際に必要なもの

運転免許証などの本人確認書類に加えて、病院発行の請求書などの資金使途が確認できる書類が必要です。

・担保など

出産ローンは無担保ローンであるため、担保や連帯保証人などは不要で借入ができます。

女性が利用するのに便利なプロミスのレディースローンの活用

キャッシングを利用する上で申込みや各種手続きをする必要がありますが、女性にとっては使いにくい部分もあります。プロミスでは、女性が使いやすいように女性専用のキャッシングサービスであるレディースローンを提供しています。レディースローンでは、女性スタッフがあらゆる手続きを担当しており、利用者が必要とする手続きを女性スタッフを通して行う事が可能です。

キャッシングで借りたお金は、ショッピングなどあらゆる用途で使えるのが利点であり、プロミスのレディースローンは主婦や学生でも利用する事が出来ますので、様々な場面で活用出来ます。借入利率は4.5%から17.8%となっており、借入額が多いほど低い借入利率が適用される仕組みです。

長期借り入れならカードローンは向かない!お得と感じられない要因は?

銀行や消費者金融のカードローンは、借り入れの都度審査が無いため、手軽に繰り返して借り入れが出来るため便利です。しかし、銀行カードローンでも上限金利は平均14~15%以内、大手消費者金融でも上限18%と低いものではありません。しかし、インターネットで検索すると、銀行カードローンは金利が低くてお得といった紹介をすることも多いのが実情です。

先ず、銀行や大手消費者金融のカードローンは長期借り入れには向きません。利用限度額が低い場合、上限金利が適用されるケースが多く、長期的に借り入れをするほど、発生する利息は高くなっています。そのため、長期借り入れであれば、より金利の低い目的ローンを選択するのがポイントです。

ですが、消費者の心理としては10%以上の金利は非常に高く感じ、5%や7%でも高く感じます。そもそも、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどは3%以下で規約できるものも多く、これらの金利が基準となっていることがあります。そのため、長期借り入れを希望する場合は、可能な限り金利が低く、審査時間もそれ相応の長さで正当な評価を受けられるローンを選ぶことが重要です。金利が低くてお得、銀行だから金利が低いといった紹介に惑わされず、長期借り入れをする際にはそれに特化したものを選ぶのが肝心です。

キャッシング枠の少し下の金額までの利用が安心してキャッシングを利用できる秘訣です

年末からお正月にかけて何かと支出の増える時期を迎えます。事前に現金を用意していたにもかかわらずついバーゲンセールで買いすぎてしまったり、プレゼントやお土産代に予想以上にお金を使ってしまうことがあります。でも大丈夫です。最近は様々な銀行や信販会社がキャッシングサービスを実施しているので、急きょ現金が必要になった方にも安心してお金を用立てしてくれます。

もちろんどの金融機関でキャッシングを利用するのか各社の契約内容をよく調べ、そして比較したうえで自分に合ったところを利用することが大切です。心配な方はキャッシング可能枠をできるだけ少額に設定しておくと不安なく利用できるます。

自分が返済できる金額を自分の中でしっかり認識しておき、できればその金額には達しない額までで利用するのか賢い利用方法です。キャッシング利用可能枠限界まで利用してしまうと、またどうしても絶対必要な時に困ったことになってしまい、また違うところでキャッシングを利用するという悪循環が生じしていまいます。

大切なことは、信頼できる金融機関から自分の返済可能な金額の少し下の金額までをキャッシングするという、ぶれない自分を持ち続けることです。一本芯が入って利用すると後々困ることは無いはずです。