キャッシングを申し込んだ際の体験談について

あなたはキャッシングをしたことがありますでしょうか?キャッシングをしたことがない方はどのようなキャッシングをすれば良いか分からないと思います。そこで私の経験談からどのようにしてキャッシングを申し込んだのかについてお話ししていきたいと思います。

私はまずインターネットから簡易手続きを行いました。簡易手続きは自分の名前や住所、希望する希望額などの情報をインターネット上に打ち込むと言うことです。ほどなくして担当者から連絡があり、本人であるかと言うことと、仕事場への在籍確認についての旨をお話しされますその在籍確認を行えばキャッシングはかなり近くなります。仕事が終わり、近くの無人ATMで最終的な手続きを行いキャッシングを受けることができました。即日キャッシングを行うことができますので、もし興味がある方はぜひ利用を検討してみてください。

お金を借りる時にノーローンを利用するのはなぜ?

お金を借りる時に中小の消費者金融のノーローンを選ぶ人が増えてきています。大手の消費者金融に比べて知名度が低いですが、なぜお金を借りる時にノーローンを利用するのか見ていく事にしましょう。

ノーローンは金利が高く設定されていますが、無利息サービスがあるのでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。無利息サービスは大手の消費者金融のアコムやプロミスでも提供していますが、初めて利用する時のみ適用となります。

しかしノーローンは既に利用した事がある人でも無利息サービスが適用となります。サービス期間は1週間と短いですが、それでも加算される利息を減らす事が出来るのでメリットに感じている人が多いです。即日融資にも対応してくれるのでお金を借りたい時はノーローンを利用してみるといいでしょう。

利用頻度が多いよりも完済することが意外に重要!

銀行や消費者金融のカードローンは、優良顧客と認められることで利用限度枠の増額や適用金利見直しが行われます。この際、個人信用情報における信用度合や契約先における信用が重要になります。しかし、取引実績が多いすなわち利用頻度が多いことが信用アップに繋がるという認識には注意が必要です。

利用頻度が多いということは、収支バランスが悪く借り入れに頼っていると判断することもでき、途上与信に改善が見込めないということになります。一方、直近の利用実績は無いものの、完済したといった実績の方が評価的には高くなります。

あくまで利用は一時的なものであり、収支バランスが安定していると判断することが可能です。重要なことは、借り入れした後は一度でも完済するということであり、継続的な利用には注意を払う必要があります。利用残高があり、返済を行っているものの、同時に借り入れを行っているということは自転車操業状態にあるとも見えてしまいます。

特に最低返済額だけを返済して、それを上回る借り入れが定期的に発生しないようにすることが重要です。先ずは、返済できるときに多めの金額として、必要な分だけ借り入れするなど返済額が上回るようにしましょう。

アイフルの出産ローンの詳細など

出産の際には何かと費用がかかるものですし、入院費用などは公的補助だけではまかないきれないこともあります。大手消費者金融のアイフルでは本人または配偶者の出産費用をお得に借りることができる出産ローンというサービスがあり、出産費用の捻出に利用をおすすめできます。同ローンサービスの詳細についてみていきましょう。

・金利と融資限度額

2018年2月28日時点で実質年率は9.8%から12.0%、融資限度額は50万円までとなっています。

・契約の際に必要なもの

運転免許証などの本人確認書類に加えて、病院発行の請求書などの資金使途が確認できる書類が必要です。

・担保など

出産ローンは無担保ローンであるため、担保や連帯保証人などは不要で借入ができます。

SMBCモビットで即日融資を受けるためのポイント

SMBCモビットでは最短で即日融資に対応していますが、即日融資を受けるためには幾つかポイントを抑えて申し込みを行う必要があります。即日融資のポイントを確認していきましょう。

・WEBから申し込みを行う

WEBから申し込みを行うことで、自動契約コーナーから申し込みを行うよりもカード発行までの待ち時間が短縮できます。またWEB完結申込で申し込みをすることで、在籍確認の電話をなくすことができるので、よりスピーディーな契約ができます。

・コールセンターに電話をかける

WEBから申し込みをした後はフリーコールへ電話をかけて、急いで欲しいと伝えることで優先的に審査をしてもらえます。

・午前中に申し込みをする

できるだけ早い時間帯に申し込みをすることで、即日融資の可能性が高まります。

銀行ローンと消費者金融の利率について

友人などからではなく金融業者からお金を借りる場合は必ず利息がかかるわけですが、具体的にどのくらいかはご存知でしょうか。もちろん各金融業者によって利率は違うのですが、銀行ローンか消費者金融かによってかなり違いはあります。

だいたい銀行ローンの場合は年1~2%ほどからとなっており、消費者金融では3~18%ほどになっています。ですので利息のことだけ考えれば銀行ローンがお得で良いのですが、銀行ローンだと審査に時間がかかったり審査基準も厳しめになっていたりするため、一概に銀行ローンのほうがいいとも言えません。

消費者金融のカードローンでしたら申し込みしてから即日で借り入れまでできてしまうほどスピーディーで気軽にキャッシングができるようになっています。利率はたしかに高いですが、少額でしたら差はほとんどありませんので借りる金額によってはすぐに融資が受けられる消費者金融のほうがよかったりもします。

三井住友銀行カードローンの現状

三井住友銀行カードローンと言えばメガバンクならではの安心感と金利の低さ、利便性の高さで人気がありました。しかし銀行カードローンへの度重なる規制によりずいぶん利用条件が変わっています。

例えば銀行カードローンなので専業主婦の方も利用できましたが、現在は貸付対象から外されています。その他の申込み条件は変わっていませんが、自主規制により総量規制が考慮されており巨額の融資は困難となっています。実質100万円以上の融資限度額となるのは絶望的な状況で、おまとめや借り換えとしては利用できない状況です。

さらにセールスポイントだった即日融資も不可能となり、最短で2営業日かかるようになりました。つまり土日祝日には契約できないので不便になりました。

キャッシングとカードローンの金利と審査を比較!

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは見た感じでは同じように思えるかと思いますが、比較するとかなり異なる点があります。しっかり比べてから審査申し込みをすることをオススメします。

例えば金利面です。銀行のカードローンは金利が低く消費者金融のキャッシングは金利が高いと思っている方が多いでしょうが、借入額が50万円以下の場合にはほとんど変わらないケースがあります。

一方で審査基準はカードローンの方が厳しい傾向がありますので、もし少額での融資を考えていて審査に通るか不安があるならば、キャッシングに申し込むのも良いでしょう。キャッシング業者の多くは初めての借入の場合に無利息キャンペーンを行っていることもあり、利用することで結果的には銀行カードローンよりも金利面で得をすることが出来るかもしれません。

入院費用が検討もつかなくて、1枚のETCを使用する為に持っていたカードからキャッシングをした事について。

数か月前の事になりますが、私は「がん」と診断され、近くの市立病院から大学病院に紹介をされて、手術を受けることになりました。

それは、私よりも私の父が一番、驚いていたみたいで、「金はどうすればいいのか」と頭を抱えてこんで悩んでいる状況でした。

勿論私も多少は「お金か。」と思いましたが、がん保険に加入していたので、そんなに心配していませんでしたが、考えてみるとそうなのです。

がん保険は、退院後もしくは治療に一段落ついてから、請求するものであって、しばらくしてからしか、振り込まれないことを忘れていました。

そこで、ETCを利用する時に使うカードにキャッシング機能が付いていたのを思い出し、カード会社に確認すると50万円まで借りる事が分かりました。

そして、手術を受け、結果は初期のガンで済みましたので、経過観察という事で、3ヶ月に1度の通院になり、退院することになりました。私はドキドキしながら、請求書を見ましたが、8時間もする手術を受け、3ヶ月間の入院で、50万円の半分以下の治療費でした。

そして、カード会社にスマートフォンからインターネットで申し込むことが出来、申し込んだ翌日には指定した金融機関の口座にお金が振り込まれていました。

そして、保険会社からの医療費(入院給付金など)が振り込まれてすぐに、キャッシングを一括して返済しました。キャッシングというと、何かしら暗いイメージもありますが、今回は直ぐに一括返済をしたので利息も付きませんでしたし、保険と同じで「もしもの時」の為には役に立つものだなと思いました。

しかし、当然のことながら、余計な金額のキャッシングはしないように気を付けたいとも実感した出来事でした。

カードローン会社選びでは利息の高低に注目

数あるカードローン会社から、どの会社に申し込もうか迷うことは多いと思います。会社選びのポイントとして、利率の高低で決めるというのも大切な要素の一つです。

利率の数字だけでみると大した差を感じないかもしれませんが、返済期間が長引くとこの数字の差が大きな額になってきます。

銀行系のカードローンの方が利率が低く、最大利率で12パーセントから14パーセントが一般的ですが、その分審査が厳しいです。

消費者金融は足並みを揃えて最大利率を18パーセントにしており、審査も銀行系に比べると甘いです。

プロミスに関してのみは、最大利率を17.8パーセントに設定しています。

利率だけがカードローン選びの要素ではありませんが、大きな要素にはなります。

女性が利用するのに便利なプロミスのレディースローンの活用

キャッシングを利用する上で申込みや各種手続きをする必要がありますが、女性にとっては使いにくい部分もあります。プロミスでは、女性が使いやすいように女性専用のキャッシングサービスであるレディースローンを提供しています。レディースローンでは、女性スタッフがあらゆる手続きを担当しており、利用者が必要とする手続きを女性スタッフを通して行う事が可能です。

キャッシングで借りたお金は、ショッピングなどあらゆる用途で使えるのが利点であり、プロミスのレディースローンは主婦や学生でも利用する事が出来ますので、様々な場面で活用出来ます。借入利率は4.5%から17.8%となっており、借入額が多いほど低い借入利率が適用される仕組みです。

金利を気にするならまず比較表を探そう

キャッシングの金利というのは各社さまざまな設定がされ知恵増すが、金利比較にはまず金利一覧表を探してみましょう。

金利比較票は一発で自分が借入してみたい会社とそのほかの会社との金利が比較できますので、金利面でいちいち会社や銀行のHPを調べてみなくてもいいメリットがあります。

また、金利比較をすることによって借入のしやすさがどれくらいなのだろうかという比較にもなりますので(一般的に低金利な会社ほど借り入れはしにくい)

自分の属性を考えた上での借金の契約申し込み先が決まってくるというわけなのであります。

時間を節約したいときには、金利のははやみ表は大変便利ですので、インターネットで検索してみて調べてみるといいでしょう。

アコムの借換え専用ローンを契約する前に知っておくべきこととは

アコムではカードローンやACマスターカードなどのサービスの他に、他の金融機関のローンをまとめることが借換え専用ローンがあります。アコムの借換え専用ローンをうまく契約し、活用するために知っておくべきことについて解説をしていきます。

・申込みは来店して行う

借換え専用ローンはネット申込みに対応しておらず、契約申込みは原則店頭窓口か無人契約機から行います。来店が難しいという場合には電話で問い合わせをして郵送で契約することも可能です。

・振込をはアコムがしてくれる

融資金の振込については原則契約者名義でアコムが他社に振込をしてくれます。振込手数料についてはアコムが負担をしてくれるので、他社の清算手続きの手間がほとんどかかりません。

お金の返済をする時期の心がけについて

お金の返済をするときにどんなふうに考えて生活していけばいいのかという点ですが、お金の返済をするために心掛けてほしいのは

やはり少しでも早くお金を返していこうという点です。

お金を減らすためには早いほどいいといわれています。 金利は時がたつにつれて金利によって返す額が増えていきます。

また、早めに返済をしたほうが精神的にもかなり楽になっていきますから、返済は早めにやっていった方が色々な面で

負担というのがなくなります。 更には、気持ちが続いているうちに頑張っていった方が長期的なマンネリを防ぐために効果的でもあります。

ですので、お金を返済するのに早めに返済しようという考えをしっかりと持って返済することをお勧めします。

5~6社のカードローンをおまとめローンにした体験

10年程前から消費者金融などからキャッシングをし少しずつ返済が難しくなっていました。5年ほど前に某消費者金融に駄目もとでおまとめローンの申し込みをしたところ、すんなりOKとなりました。その会社積極的におまとめローンの勧誘をしており、何度か直接連絡をいただいておりました。

最初は不安だったのでスルーしておりましたが、返済が難しくなってきておりましたの勇気を出して申し込みました。持っている全部のカードをお伝えし、カードローンのみならずショッピングで利用していた分もまとめてもらいました。

利用後は確実に毎月の返済額減りまた返すところも1箇所になりとてもシンプルになり精神的にも楽になりました。3年かけて支払う予定でしたが、余裕のあるときは随意時返済も可能でしたので予定よりも1年ほど早く返済を完了することができました。

担保や保証人なしで簡単にお金を借りられるキャッシング

手持ちのお金が不足をしてしまい、どこからかお金を借りなくてはならないという場合にその方法として一番安全なのが親や兄弟などの肉親や友人に頼み込んで多少の金額を融通してもらうことです。そうした方が高金利でお金を借りずに済みますし、よほどの不義理をしない限り厳しい取り立てなどに遭うこともないからです。

しかし、いくら親しい間柄だからといって軽い気持ちでお金の融通を頼むことはときとしてその親しい関係性に思わぬ亀裂を生じさせてしまうこともあります。そのため、どうしてもやむを得ない場合を除いてはキャッシングなどを利用して自分の力で必要な分のお金を工面することが望ましいと思われます。

お金を借りる方法はいくつもありますが、なかでもキャッシングのサービスは担保や保証人もなしで簡単な手続きのみでお金を借りることができるのでおすすめです。

一度審査落ちしたカードローンはどのタイミングなら再申し込みOK?

カードローンの審査は、必ず通過するものでは無く、大手消費者金融でも新規成約率は40%台です。一度審査落ちしたからといって、将来的に契約できないものでもありません。個人信用情報では、申込みから6ヶ月間は情報が管理され、他社申込みをしても審査落ちになります。

では、これを超えれば再申し込みしてOKかというと、そうではありません。再申し込みする際には、スコアリング判定での評価が高くなるタイミング、返済能力という点で収入がアップするなどが需要になります。先ずは、1年以上の期間が経過すれば、勤続年数や収入で違いがでるため、年単位でタイミングを図ることが重要です。

ただし、どれか一つの評価が上がったとしても、安定性という点が無ければ、あまり期待は出来ません。特に転職などで勤続年数が短くなるのは、キャッシング契約では避ける必要があります。

総量規制対象外のキャッシングとは…気になる真相

キャッシングをよくご利用される方や、収入が少なめという方の悩みの種が、総量規制という制度です。本当にお金が必要な場合でも、この総量規制の限度額が決まっていると、どうしても借りられないという事態が起こってきます。

でも安心してください。総量規制対象外となるシステムも存在します。つまり、今までさまざまな状況でお金を必要としていたのに借りられなかった方でも、利用できる可能性があるのです。

たとえばカードローンの中には、即日融資が可能なサービスがありますし、最高で数百万円の融資が受けられるありがたいものも。これまで借り入れを断られてしまった方でも、希望が持てると評判です。

また、複数の企業から融資を受けた金額を一本にする「おまとめローン」というサービスも総量規制対象外となるため、いくつかの企業から少しずつ借りている方、一つにまとめたほうがスッキリして分かりやすいという方は、この際利用してみてはいかがでしょうか。ご自身の状況が分かりやすくなる上、負担が減る可能性があります。

総量規制という制度は、もともと借りすぎてしまう方を考えて制定されたものですが、しっかりと返済計画を立てていれば大丈夫です。

突然の出来事で、意外な金額が必要になる方は少なくありません。そんなときに、総量規制対象外のキャッシングを知っておくと良いでしょう。

八十二銀行カードローン かん太くんカードについて

八十二銀行カードローンは長野県を拠点としている地方銀行ではありますが、個々の商品である「かん太くんカード」は全国展開をやってくれる地方銀行カードローンであり、口座なしでも

利用が十分に可能なカードローンです。WEBでの申請も可能でありますから、全国的にできる面もあります。

口座を持っていればでありますが、即日融資にも対応しているようで素早く借り入れする場合には有効なようです。

基本的なスペックとしては、限度額は500万円までで、適用金利は5.5%から14.5%と一般的なものと見えるでしょうが、実は落とし穴があります。

上限金利の14.5%は何と借入限度額が300万円まで適用されるようになっており、金利は他の銀行に比べるとかなり高めの設定です。

提携先のATMはセブンイレブンやローソンなど多めではありますし、返済についても35日毎の返済や10万円以下なら最低2000円からの返済でよいというようなことですが、

上記のデメリットをカバーするレベルではないでしょう。

結論としては、そこまで利用するメリットはないようにも見えます。

地元で利用している人で、審査が甘めのほうがいいというときには利用する価値はあるかもしれません。

長期借り入れならカードローンは向かない!お得と感じられない要因は?

銀行や消費者金融のカードローンは、借り入れの都度審査が無いため、手軽に繰り返して借り入れが出来るため便利です。しかし、銀行カードローンでも上限金利は平均14~15%以内、大手消費者金融でも上限18%と低いものではありません。しかし、インターネットで検索すると、銀行カードローンは金利が低くてお得といった紹介をすることも多いのが実情です。

先ず、銀行や大手消費者金融のカードローンは長期借り入れには向きません。利用限度額が低い場合、上限金利が適用されるケースが多く、長期的に借り入れをするほど、発生する利息は高くなっています。そのため、長期借り入れであれば、より金利の低い目的ローンを選択するのがポイントです。

ですが、消費者の心理としては10%以上の金利は非常に高く感じ、5%や7%でも高く感じます。そもそも、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどは3%以下で規約できるものも多く、これらの金利が基準となっていることがあります。そのため、長期借り入れを希望する場合は、可能な限り金利が低く、審査時間もそれ相応の長さで正当な評価を受けられるローンを選ぶことが重要です。金利が低くてお得、銀行だから金利が低いといった紹介に惑わされず、長期借り入れをする際にはそれに特化したものを選ぶのが肝心です。

キャッシング枠の少し下の金額までの利用が安心してキャッシングを利用できる秘訣です

年末からお正月にかけて何かと支出の増える時期を迎えます。事前に現金を用意していたにもかかわらずついバーゲンセールで買いすぎてしまったり、プレゼントやお土産代に予想以上にお金を使ってしまうことがあります。でも大丈夫です。最近は様々な銀行や信販会社がキャッシングサービスを実施しているので、急きょ現金が必要になった方にも安心してお金を用立てしてくれます。

もちろんどの金融機関でキャッシングを利用するのか各社の契約内容をよく調べ、そして比較したうえで自分に合ったところを利用することが大切です。心配な方はキャッシング可能枠をできるだけ少額に設定しておくと不安なく利用できるます。

自分が返済できる金額を自分の中でしっかり認識しておき、できればその金額には達しない額までで利用するのか賢い利用方法です。キャッシング利用可能枠限界まで利用してしまうと、またどうしても絶対必要な時に困ったことになってしまい、また違うところでキャッシングを利用するという悪循環が生じしていまいます。

大切なことは、信頼できる金融機関から自分の返済可能な金額の少し下の金額までをキャッシングするという、ぶれない自分を持ち続けることです。一本芯が入って利用すると後々困ることは無いはずです。

審査の緩いキャッシングを見つけるコツ

最近は色々な会社がキャッシングのサービスを提供しています。

申し込みも簡単で審査も迅速に終了するので貯金がなくてお金に困っているときにとても助かる存在です。

そんな便利なキャッシングですが審査に通過しないとお金を借りることができません。

申し込み条件は20歳以上ならアルバイト、派遣社員、契約社員、パートでもOKとあるので自分で働いて収入を得ているなら誰でも申し込むことができます。

なので誰でも審査に通過できるように思えますが、そう甘くはありません。

キャッシング会社はお金を貸してその利息で利益を得ているので貸し倒れを防ぐためにきっちり審査をしています。

この審査基準は会社ごとに違っていてしかも公開されていません。

外から見ただけではどの会社が審査が緩いのかはわからないと思います。

しかし同じキャッシングでも借りやすい会社と借りにくい会社は存在します。

一般的に消費者金融系は審査が緩くて借りやすいと評判です。

これは銀行系よりも利息が高めに設定されていてその分審査が緩く借り入れしやすい仕組みになっているからなんです。

利息が高めに設定されているので返済の時の負担は増えてしまいますが、どうしても今すぐにお金が必要だというときには頼りになります。

督促の電話には出るべき!

キャッシングの返済が遅れた時、自宅や携帯に督促の電話が入ることがある。

手持ちがない、メドがない、何言われるんだろう、怖い、出たくない・・!

その気持ちは十分わかるが、絶対に出た方がいい。

貸し手の立場からすれば、一番困るのは利用者の状況が掴めないことなのだ。

もし、長い間連絡を無視した後に電話に出たら、「なぜご連絡いただけなかったのですか?」と聞かれるかもしれない。

もっと嫌味なことを言われる可能性もある。それでも、それは一時のこと。我慢しよう。

貸し手ができることは2つ。

①時間をとって待つ、②金額を下げる。

「今、払えません」と言えば、「給料日はいつ?」「他に収入は?」「いくらなら払える?」など聞かれるだろうが、

正直に答えれば何らかの提案をしてくれるはず。

その時点で何も決められなければ、マメに連絡を入れてその都度状況を伝えることにすればいい。

ちなみに、キャッシングの事業者が信用情報機関に利用者の状況を報告する際、

返済の遅れが「客の事情」なのか、「理由不明」か、もしくは「震災など客以外の事情」か、といった事も併せて伝えられる。

各社は定期的に審査を行っており、複数の利用がある場合、他にも制限がかかることが考えられる。

利息は1日毎についていく。元金が多ければ多いほど利息も当然高くなる。

放っておくほど状況は悪くなるのだ。

とりあえず、督促の電話には出ておこう。

キャッシングのキャンペーンで利息をお得に

私は、ややおっちょこちょいなところがあるため、自分でも気をつけてはいるのですが、仕事の拘束時間の都合もあり、どうしても、延滞金や手数料がついてしまったり、ちょっとした事故による出費(保険を使わない方がいいかな?くらいのもの)や子どもの習い事で急に道具が壊れたなくした、などの積もり積もったものなどで、予定外の出費がけっこうあります。こうやって書き出してみると、そういったものも含めて予定しておくのがいいのですがなかなか・・・。

それで、どうしても困った時にはキャッシングを利用するのですが、キャッシングの便利さはよいのですが、気になるのが利息ですよね・・。リボ払いなんかよりもずっと高い利息がつくと思うと、よっぽどでないといいや、と躊躇してしまうと思います。でもお金は必要だし・・。

そんな時、私はまず楽天カードのサイトをチェックするようにしています。楽天ではちょくちょくキャッシングの金利のキャンペーンを開催しており、いつもよりもかなりかなりお得にキャッシングできる時があるのです。返済時期やATM手数料によっては、他のカードの方がお得になる場合もあるかもしれませんが、基本的には、一番安いだろうという金利の時もあるので、オススメです。

果たして、プロミスは多重債務者でもキャッシングできるか?

プロミスでキャッシングを検討している人も多いと思います。
そんなあなたに、複数の金融会社からお金を借りている人(多重債務者)でもプロミスでキャッシングすることは可能かどうかをお伝えします。

結論から言うと、キャッシング可能です。
私は3社からカードローンやキャッシングをしていましたが、プロミスで5万円をキャッシングすることができました。
審査は申し込んだ当日に終わり、すぐに自分の指定した口座に振り込まれました。

5万円という少ない金額ではありますが、友人の結婚式等で急なお金が必要になった場合には大変助かります。

もし、現在急な出費が必要になり困っているなら、プロミスでキャッシングすることをお勧めします。

キャッシングをする上で不安な点は審査に通るかどうかということに加えて、返済に関しても同じく不安に感じている人が多いと思います。

月々、そんなに大きな金額は編成できないと思っている人でも、プロミスの担当者に相談すれば借りた金額によると思いますが、月々2000円程度から返済していくことは可能です。

本来は一括で返済すれば損はしないのですが、そんな人はそもそもキャッシングする必要はないと思います。したがって、返済に関して不安なにも利用できるサービスであることは言えます。

カードローンで最終的に債務整理に至った話

当時交際をしていた彼氏にお金を貸して欲しいと言われ、貯金があるうちはそこから貸していました。
他県に住んでいた彼と同じマンションに引っ越し(彼とは別号室にも関わらず、2部屋分の家賃を負担)、またお金の無心をされた際は貸し続けていました。
貯金が無くなってからは家賃や生活費がかつかつになってしまい、そのときに初めてカードローンの契約をしました。

借り入れをすることによって一時的に生活費の足し、家賃や公共料金、税金等の支払いなどをすることができ、とても助かりました。
最初のうちは、毎月の返済もしっかりと行えていたのですが、彼からのお金の無心の回数が増え、それにともない借り入れ先のローン会社が増え、当時の自分の収入と返済を含む出費のバランスがとれなくなっていきました。
彼はカードローンを組んでいることを知っていましたが、返済の手伝いはしてくれず、次第に返済が滞る月が出てきました。途中、おまとめローンを組むなどしましたが、最終的に債務整理をするにに至りました。
返済に関して、ローン会社は返済遅延の連絡をきっちり入れれば、ある程度待っていただけました。

まず言えることは、簡単にカードローンを組むべきではないと思います。自分の給料をおろす感覚でお金を引き出せるので、金銭感覚がおかしくなってきます。
それから自分の収入に見合った金額の借り入れ(毎月の返済がきっちりできるように)をすること、カードを他人に貸さないことです。

即日キャッシング

以前、私の中で、キャッシングというのはとても恐ろしく、手を出してはいけないもの・・というイメージでした。

ですが、シングルマザーとしての子育てを始めてから、原則的につましく生活してはおり、慢性的にお金がない!ということはないのですが、支払いのタイミングにうまくお金が入らない!でも、定期には手をつけたくない、定期に手を出したら一瞬で崩れてしまいそう・・・ということが、恥ずかしながらしばしばあります。

子供会や町内会の行事で、思わぬ出費(我が家は一人っ子ですし、就学前からずっとフルタイムで勤めており、情報が乏しく心づもりがなかったりします)があったり、子供のお友達が皆参加するような遊びの計画があって少し余分にお金を持たせたい、など、少額ずつだけれど、どうしても今お金が必要、というシーンは結構あるのではないでしょうか。

そんな時、キャッシングにとうとう手を出した(まるで悪いことのような書き方をしてしまいましたが、そんなイメージだったのです)のですが、意外と便利、というか簡単にそして即日、要り用の分のお金を用意することができますし、返済方法も難しくはありません。よくよく考えてみれば、大手のクレジットの会社のやっていることですので、当然かもしれませんが・・なんとなく、マチ金のような、知識のないもの相手に利息を巻き上げるようなイメージだったのですが、一度利用してからはちょくちょく利用しています。

私がよく利用するのはセゾンカードなのですが、セゾンカードは、セゾンATMでの返済ができます。利息がたくさんになる前に返済できる人、そして私のように財布に入っていると使ってしまう人は、お金が入り次第返済ができるので安心です。他にもそのようなシステムのあるところも(電話で返済方法を仰げば、前倒しで振り込むことができる)あるようですので、とても便利だと思います。