キャッシング業者を比較するときのコツ

いろいろなキャッシング業者があるわけですが、色々と比較したほうがよいことも多いです。では、何処を比較するべきであるのかとなりますが第一に金利になります。金利が低いほうがよいのは言うまでもないことでしょう。しかし、単純に下限金利を比較しても殆ど意味がないことになります。

最高金利のほうを比較したほうがよいでしょう。上限金利のほうがまずは比較する価値があるといえるでしょう。まず、最初はその金利で借りる事になる可能性が高くなってしまうことになりますから、そちらのほうが比較するメリットが大きいです。後は細かい利便性などもしっかりと比較しておいたほうがよいでしょう。何故かといいますと返済の方式などにも色々と違いがあるのです。

年収0の専業主婦でもキャッシングできる方法

「今月はお金がピンチ!どうしよう」なんて悩んでいませんか?

2010年から実地された法律、総量規制によって、本人の年収の三分の一までしか借りることができなくなりました。

専業主婦にとってはお財布が厳しくなってしまいましたね。

でも大丈夫、この総量規制には例外があります。

それは配偶者貸付と銀行ローンです。

配偶者貸付とは、夫と妻の年収を合わせた金額の三分の一まで借りることができるというものです。

申請するには夫の同意書や収入証明書などがいるので、こっそり借りることはできません。

もし内緒でお金をかりたいのなら、銀行ローンという手があります。

銀行ローンはこの法律の対象外なので、本人の身分証明書だけで借りることができます。

どうしてもお金を借りなければいけないなら、これらの利用を検討してみましょう。

キャッシングをうまく利用できる最強な主婦

主婦がキャッシングを利用する利便性としては、出産などで仕事を辞めた後は手持ちのお金がなくて困ってしまうという事がたびたびおこりますが、銀行窓口には行く暇がない場合でもコンビニなどで、キャッシング可能なATMを利用して簡単に現金引き出しができるので便利です。

もちろん自分の口座がすっからかんの場合も借りれますが、返済の目処がない場合には失敗するので、よく計画して借りる必要があります。

「返す目処を立てて借りる」それはもちろんお金を借りるわけですから最低必要な条件です。

テレビでも何度か目にしているキャッシング会社の返済手数料がかからないなど、メリットをよく知り借りメリットが大きいと思う場合には利用すれば良いのです。

また、月末には給料が入るなど返済が可能だとわかっていれば問題ないでしょうが、収入予定がない場合や、返済の目処が立たないほどの大きな金額は大変危険です。

休日に突入したりして手持ちの現金がない!という事態でもすぐに解決するキャッシングをうまく利用できる様になれば、主婦としては最強ではないでしょうか。

消費者金融から債務整理を進められることはあるのか?

消費者金融も、借金の返済ができない人が出てくると、その処理に困るわけですが、処理方法の一つとして、自分から債務整理を債務者側に提案するというのはあるのだろうか?

と考える人もいるでしょうが、基本的には債務整理を消費者金融側から進めるようなことはありません。

借金の減額といった可能性が基本的に高い確率でありますし、金利も適用無しというようなかなり不利な条件を提示されますし、

元本よりも回収できるお金が減ってしまいますので、経営的には損失が発生しやすいのです。

それ故、まず消費者金融からは積極的に債務整理の提案をすることはないでしょう。(相談されたときには、少しいうかもしれませんが。)

示談契約など別の解決策ができれば、それを提案してくると思われます。

楽天ローンによるキャッシングなら月々2000円からの返済が可能

楽天ローンでキャッシングをした場合、利息は残高スライドリボルビング方式で計算されます。10万円以内の借り入れをしたのであれば、月々2000円の返済をしていく事になります。借りる金額に応じて利息や月々の返済額が変わっていきますので、計画的に融資を活用する事が出来ます。

楽天ローンは楽天銀行の口座を作っておきますと、その口座を通じて融資・返済を行えますので利便性が高まります。しかし、口座が無くても楽天ローンの融資サービスを利用する事は出来ます。全国にある主要なコンビニに設置されているATMを使って、融資・返済を行えるようになっていますので、これを通じてキャッシングを利用する事が可能です。専用アプリをスマートフォンにインストールしておく事でスムーズにキャッシングを使えます。

【プロミス】の審査から融資について

私は3年前の2015年に消費者金融の【プロミス】から30万円ほどの融資を受けました。当時、私は父親が病気で亡くなり、急きょ葬儀代が必要になったので、親戚にお金を貸していただけないか頼みこみましたが、誰も貸してくればかったので、消費者金融から融資をしていただくことに決めました。

コマーシャルで印象に残っていたプロミスに電話し、すぐに審査していただき30万円の融資を実際に受けるまでの時間は1日ほどで完了しました。私は当時、正規雇用社員で年収が420万円ほどあったので、審査から融資まですぐに通りました。

また、私は初めての消費者金融での融資ということもあり、不安でな気持ちでいっぱいでしたが、スタッフの対応の良さに気持ちが楽になり、融資を受けて良かったと思っています。もし、消費者金融で融資を検討している人がいらっしゃるならば、迷わず連絡してみることをお勧めいたします。

アプリからでも送れる本人確認書類

さまざまな機能がついたスマートフォンはどんなことにも使うことができる便利なツールですが、キャッシングにおいても例外ではありません。

大手消費者金融のプロミスなどでは、スマホのカメラ機能を利用してスマホアプリから本人確認書類を撮影して送信することで、その場にいながら申し込みを行なうことのできるサービスを実施しています。

また借り入れ額によっては必要となる収入証明書も同様に撮影したデータを送ることで完了させることができるので、スマホさえあれば場所を問わずキャッシングをすることができるようになっています。

プロミスではローンカードを必要としないスマホ完結のキャッシングを行なうこともできるので、スピーディに借り入れを行なうことも可能です。

アイフルの無利息キャッシングを解説します

大手消費者金融のアイフルでは初めてのキャッシング利用者に対して最大で30日間無利息でキャッシングができるサービスを実施しています。アイフルの無利息キャッシングについて解説をしていきます。

・対象のローン

無担保型のキャッシングサービスであるキャッシングローン、ファーストプレミアム・カードローン、SuLaLiのいずれかを初めて契約した人が対象となります。目的ローンやおまとめMAXなどは対象外なので注意が必要です。

・無利息期間

契約日の翌日から最大で30日間が無利息期間となります。契約日当日は無利息期間に含まれないを事を覚えておきましょう。なおこの30日間であれば再融資を受けた場合でも金利は発生しない仕組みとなっています。

計画的にキャッシングの返済を行うこと

キャッシングにおける返済というのは基本的に一か月に1回の約定返済のあるわけですがそれ以上に好きなように返済をするということもできるようになっています。それが随時返済というものなのですがこれを多く行うことによって利息の支払を小さくすることができるようになりますので大きなメリットがあると言えるでしょう。

無理して随時返済ばかりするというのは約定返済が出来なくなってしまうのであればしない方が良いのですが余裕があるのであればやって行く方が良いでしょう。それができるようになりますとこうしたサービスとしっかりと向き合い、計画的に利用することができるようになります。負担も軽くしていくことができるようになるからです。

プロミスの無利息サービスを解説します

プロミスでは一定の要件を満たして同社のサービスを契約した場合、最長で30日間金利0円で借入ができる無利息サービスがあります。この無利息サービスの詳細や条件などを解説していきます。

・適用条件

プロミスの利用が初めてであり、フリーキャッシング・レディースキャッシング・アプリローンのいずれかのサービスを契約した人が対象です(目的ローンやおまとめローンは対象外)。なお契約後にはEメールアドレスの登録とWeb明細サービスの利用登録が済ませる必要があります。

・詳細

初回出金日の翌日から最長で30日間が無利息期間となります。この期間中であれば一度借り入れを完済して再度キャッシングをした場合でも再融資金は無利息サービスの対象となります。

J.Score(ジェイスコア)のデメリットについて

J.Score(ジェイスコア)はAIによる業務効率化によってサービスの迅速化や向上をしているところではありますが、

デメリットも少し存在します。

それはお金を借入する方法が振込みという形でしか行われていないということです。

ATMなどで利用したりというようなことはできないので、カードしか持っていないからすぐそこの銀行やコンビニで借り入れしようといったことはできないです。

また、銀行が休みのときは土日を挟んで翌月の営業日振込みという形になります。

また、申し込みの方法が、ネット申し込みのみとなっています。

インターネットが使えなかったり、うまく使いこなせないというような方にとっては利用が難しくなってしまいという面でよくないです。

カードローンの無利息を利用する時の注意点

無利息サービスを提供しているカードローンはいくつもあり、利息を支払わないで融資を受ける事ができるため、お得なサービスになっています。しかし注意しないといけないのが全ての方に対し、無利息サービスを提供している訳ではありません。

基本的に新規契約の方に実施していることが多く、また期間なども限定されているケースがほとんどになっています。カードローンの無利息サービスを希望している方は、事前にどのような条件に定められているのかどうか確認することで、お得にお金を借りられるのか判断可能です。カードローンを提供している銀行や消費者金融のサイトや資料などを細かく確認することで、条件を把握でき、利用できるのか判断できるようになります。

消費者金融でキャッシングをした人がネットの口コミでプロミスを高く評価する理由は?

ネット上では消費者金融でキャッシングをした口コミがよく投稿されていますが、特にプロミスの評価が高いです。そこでなぜプロミスの評価が高いのか理由を挙げていく事にしましょう。

消費者金融は審査が即日回答されるので申し込みをした日にお金を借りる事が出来ます。しかしプロミスは審査が最短30分で回答されるので申し込みをしてから1時間ぐらいでお金を借りる事が出来てしまいます。他の消費者金融は審査だけで1時間ぐらいかかる事も多いので早くお金を借りれる点を評価している人が多いです。

また消費者金融は最高金利が18%で設定されている事が多いですが、プロミスは17.8%で設定されています。他の消費者金融より金利が低く設定されている点も評価している人が多いです。

中小の消費者金融を利用した方がいい人は?

中小の消費者金融は無利息サービスがないので大手の消費者金融よりリスクが高いという声をよく聞きます。それで利用するのに抵抗が出てしまう人も少なくありません。しかし中小の消費者金融を利用した方がいい場合もあります。そこでどのような人が中小の消費者金融を利用した方がいいのか見ていく事にしましょう。

中小の消費者金融は大手の消費者金融に比べて柔軟な審査をしてくれます。大手の消費者金融では現在はしっかりしていても過去に金融事故を起こした経験があると審査に落ちてしまいます。しかし中小の消費者金融は現在を重視するので過去に金融事故を起こした経験があっても現在がしっかりしていれば審査が可決されます。過去に金融事故を起こした経験がある人は中小の消費者金融を利用した方がいいです。

カードローンへの複数の申し込みについて

カードローンの借入審査では個人信用情報機関に登録されている信用情報が照会されることになり、現時点での借入件数やその金額、返済状況などについて詳しくチェックされることになります。

そのため、複数社から多額の借入金がある人や返済が滞りがちな人の場合、新規にカードローンを申し込んだとしても借入審査に落とされてしまう可能性が高まります。また、現時点では複数社からの借入金がないという場合であっても同じ時期に複数社のカードローンに申し込みをしているようなケースでは、そのような事実は借入審査にマイナスに影響することが大です。

たとえ借入金が全くない場合であっても、カードローンに申し込んだという事実は個人信用情報機関に登録され、借入審査時にカードローン会社に知られてしまうことになるからです。

キャッシングを申し込んだ際の体験談について

あなたはキャッシングをしたことがありますでしょうか?キャッシングをしたことがない方はどのようなキャッシングをすれば良いか分からないと思います。そこで私の経験談からどのようにしてキャッシングを申し込んだのかについてお話ししていきたいと思います。

私はまずインターネットから簡易手続きを行いました。簡易手続きは自分の名前や住所、希望する希望額などの情報をインターネット上に打ち込むと言うことです。ほどなくして担当者から連絡があり、本人であるかと言うことと、仕事場への在籍確認についての旨をお話しされますその在籍確認を行えばキャッシングはかなり近くなります。仕事が終わり、近くの無人ATMで最終的な手続きを行いキャッシングを受けることができました。即日キャッシングを行うことができますので、もし興味がある方はぜひ利用を検討してみてください。

お金を借りる時にノーローンを利用するのはなぜ?

お金を借りる時に中小の消費者金融のノーローンを選ぶ人が増えてきています。大手の消費者金融に比べて知名度が低いですが、なぜお金を借りる時にノーローンを利用するのか見ていく事にしましょう。

ノーローンは金利が高く設定されていますが、無利息サービスがあるのでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。無利息サービスは大手の消費者金融のアコムやプロミスでも提供していますが、初めて利用する時のみ適用となります。

しかしノーローンは既に利用した事がある人でも無利息サービスが適用となります。サービス期間は1週間と短いですが、それでも加算される利息を減らす事が出来るのでメリットに感じている人が多いです。即日融資にも対応してくれるのでお金を借りたい時はノーローンを利用してみるといいでしょう。

利用頻度が多いよりも完済することが意外に重要!

銀行や消費者金融のカードローンは、優良顧客と認められることで利用限度枠の増額や適用金利見直しが行われます。この際、個人信用情報における信用度合や契約先における信用が重要になります。しかし、取引実績が多いすなわち利用頻度が多いことが信用アップに繋がるという認識には注意が必要です。

利用頻度が多いということは、収支バランスが悪く借り入れに頼っていると判断することもでき、途上与信に改善が見込めないということになります。一方、直近の利用実績は無いものの、完済したといった実績の方が評価的には高くなります。

あくまで利用は一時的なものであり、収支バランスが安定していると判断することが可能です。重要なことは、借り入れした後は一度でも完済するということであり、継続的な利用には注意を払う必要があります。利用残高があり、返済を行っているものの、同時に借り入れを行っているということは自転車操業状態にあるとも見えてしまいます。

特に最低返済額だけを返済して、それを上回る借り入れが定期的に発生しないようにすることが重要です。先ずは、返済できるときに多めの金額として、必要な分だけ借り入れするなど返済額が上回るようにしましょう。

アイフルの出産ローンの詳細など

出産の際には何かと費用がかかるものですし、入院費用などは公的補助だけではまかないきれないこともあります。大手消費者金融のアイフルでは本人または配偶者の出産費用をお得に借りることができる出産ローンというサービスがあり、出産費用の捻出に利用をおすすめできます。同ローンサービスの詳細についてみていきましょう。

・金利と融資限度額

2018年2月28日時点で実質年率は9.8%から12.0%、融資限度額は50万円までとなっています。

・契約の際に必要なもの

運転免許証などの本人確認書類に加えて、病院発行の請求書などの資金使途が確認できる書類が必要です。

・担保など

出産ローンは無担保ローンであるため、担保や連帯保証人などは不要で借入ができます。

SMBCモビットで即日融資を受けるためのポイント

SMBCモビットでは最短で即日融資に対応していますが、即日融資を受けるためには幾つかポイントを抑えて申し込みを行う必要があります。即日融資のポイントを確認していきましょう。

・WEBから申し込みを行う

WEBから申し込みを行うことで、自動契約コーナーから申し込みを行うよりもカード発行までの待ち時間が短縮できます。またWEB完結申込で申し込みをすることで、在籍確認の電話をなくすことができるので、よりスピーディーな契約ができます。

・コールセンターに電話をかける

WEBから申し込みをした後はフリーコールへ電話をかけて、急いで欲しいと伝えることで優先的に審査をしてもらえます。

・午前中に申し込みをする

できるだけ早い時間帯に申し込みをすることで、即日融資の可能性が高まります。

銀行ローンと消費者金融の利率について

友人などからではなく金融業者からお金を借りる場合は必ず利息がかかるわけですが、具体的にどのくらいかはご存知でしょうか。もちろん各金融業者によって利率は違うのですが、銀行ローンか消費者金融かによってかなり違いはあります。

だいたい銀行ローンの場合は年1~2%ほどからとなっており、消費者金融では3~18%ほどになっています。ですので利息のことだけ考えれば銀行ローンがお得で良いのですが、銀行ローンだと審査に時間がかかったり審査基準も厳しめになっていたりするため、一概に銀行ローンのほうがいいとも言えません。

消費者金融のカードローンでしたら申し込みしてから即日で借り入れまでできてしまうほどスピーディーで気軽にキャッシングができるようになっています。利率はたしかに高いですが、少額でしたら差はほとんどありませんので借りる金額によってはすぐに融資が受けられる消費者金融のほうがよかったりもします。

三井住友銀行カードローンの現状

三井住友銀行カードローンと言えばメガバンクならではの安心感と金利の低さ、利便性の高さで人気がありました。しかし銀行カードローンへの度重なる規制によりずいぶん利用条件が変わっています。

例えば銀行カードローンなので専業主婦の方も利用できましたが、現在は貸付対象から外されています。その他の申込み条件は変わっていませんが、自主規制により総量規制が考慮されており巨額の融資は困難となっています。実質100万円以上の融資限度額となるのは絶望的な状況で、おまとめや借り換えとしては利用できない状況です。

さらにセールスポイントだった即日融資も不可能となり、最短で2営業日かかるようになりました。つまり土日祝日には契約できないので不便になりました。

キャッシングとカードローンの金利と審査を比較!

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは見た感じでは同じように思えるかと思いますが、比較するとかなり異なる点があります。しっかり比べてから審査申し込みをすることをオススメします。

例えば金利面です。銀行のカードローンは金利が低く消費者金融のキャッシングは金利が高いと思っている方が多いでしょうが、借入額が50万円以下の場合にはほとんど変わらないケースがあります。

一方で審査基準はカードローンの方が厳しい傾向がありますので、もし少額での融資を考えていて審査に通るか不安があるならば、キャッシングに申し込むのも良いでしょう。キャッシング業者の多くは初めての借入の場合に無利息キャンペーンを行っていることもあり、利用することで結果的には銀行カードローンよりも金利面で得をすることが出来るかもしれません。

入院費用が検討もつかなくて、1枚のETCを使用する為に持っていたカードからキャッシングをした事について。

数か月前の事になりますが、私は「がん」と診断され、近くの市立病院から大学病院に紹介をされて、手術を受けることになりました。

それは、私よりも私の父が一番、驚いていたみたいで、「金はどうすればいいのか」と頭を抱えてこんで悩んでいる状況でした。

勿論私も多少は「お金か。」と思いましたが、がん保険に加入していたので、そんなに心配していませんでしたが、考えてみるとそうなのです。

がん保険は、退院後もしくは治療に一段落ついてから、請求するものであって、しばらくしてからしか、振り込まれないことを忘れていました。

そこで、ETCを利用する時に使うカードにキャッシング機能が付いていたのを思い出し、カード会社に確認すると50万円まで借りる事が分かりました。

そして、手術を受け、結果は初期のガンで済みましたので、経過観察という事で、3ヶ月に1度の通院になり、退院することになりました。私はドキドキしながら、請求書を見ましたが、8時間もする手術を受け、3ヶ月間の入院で、50万円の半分以下の治療費でした。

そして、カード会社にスマートフォンからインターネットで申し込むことが出来、申し込んだ翌日には指定した金融機関の口座にお金が振り込まれていました。

そして、保険会社からの医療費(入院給付金など)が振り込まれてすぐに、キャッシングを一括して返済しました。キャッシングというと、何かしら暗いイメージもありますが、今回は直ぐに一括返済をしたので利息も付きませんでしたし、保険と同じで「もしもの時」の為には役に立つものだなと思いました。

しかし、当然のことながら、余計な金額のキャッシングはしないように気を付けたいとも実感した出来事でした。

カードローン会社選びでは利息の高低に注目

数あるカードローン会社から、どの会社に申し込もうか迷うことは多いと思います。会社選びのポイントとして、利率の高低で決めるというのも大切な要素の一つです。

利率の数字だけでみると大した差を感じないかもしれませんが、返済期間が長引くとこの数字の差が大きな額になってきます。

銀行系のカードローンの方が利率が低く、最大利率で12パーセントから14パーセントが一般的ですが、その分審査が厳しいです。

消費者金融は足並みを揃えて最大利率を18パーセントにしており、審査も銀行系に比べると甘いです。

プロミスに関してのみは、最大利率を17.8パーセントに設定しています。

利率だけがカードローン選びの要素ではありませんが、大きな要素にはなります。

女性が利用するのに便利なプロミスのレディースローンの活用

キャッシングを利用する上で申込みや各種手続きをする必要がありますが、女性にとっては使いにくい部分もあります。プロミスでは、女性が使いやすいように女性専用のキャッシングサービスであるレディースローンを提供しています。レディースローンでは、女性スタッフがあらゆる手続きを担当しており、利用者が必要とする手続きを女性スタッフを通して行う事が可能です。

キャッシングで借りたお金は、ショッピングなどあらゆる用途で使えるのが利点であり、プロミスのレディースローンは主婦や学生でも利用する事が出来ますので、様々な場面で活用出来ます。借入利率は4.5%から17.8%となっており、借入額が多いほど低い借入利率が適用される仕組みです。

金利を気にするならまず比較表を探そう

キャッシングの金利というのは各社さまざまな設定がされ知恵増すが、金利比較にはまず金利一覧表を探してみましょう。

金利比較票は一発で自分が借入してみたい会社とそのほかの会社との金利が比較できますので、金利面でいちいち会社や銀行のHPを調べてみなくてもいいメリットがあります。

また、金利比較をすることによって借入のしやすさがどれくらいなのだろうかという比較にもなりますので(一般的に低金利な会社ほど借り入れはしにくい)

自分の属性を考えた上での借金の契約申し込み先が決まってくるというわけなのであります。

時間を節約したいときには、金利のははやみ表は大変便利ですので、インターネットで検索してみて調べてみるといいでしょう。