カードローンで最終的に債務整理に至った話

当時交際をしていた彼氏にお金を貸して欲しいと言われ、貯金があるうちはそこから貸していました。
他県に住んでいた彼と同じマンションに引っ越し(彼とは別号室にも関わらず、2部屋分の家賃を負担)、またお金の無心をされた際は貸し続けていました。
貯金が無くなってからは家賃や生活費がかつかつになってしまい、そのときに初めてカードローンの契約をしました。

借り入れをすることによって一時的に生活費の足し、家賃や公共料金、税金等の支払いなどをすることができ、とても助かりました。
最初のうちは、毎月の返済もしっかりと行えていたのですが、彼からのお金の無心の回数が増え、それにともない借り入れ先のローン会社が増え、当時の自分の収入と返済を含む出費のバランスがとれなくなっていきました。
彼はカードローンを組んでいることを知っていましたが、返済の手伝いはしてくれず、次第に返済が滞る月が出てきました。途中、おまとめローンを組むなどしましたが、最終的に債務整理をするにに至りました。
返済に関して、ローン会社は返済遅延の連絡をきっちり入れれば、ある程度待っていただけました。

まず言えることは、簡単にカードローンを組むべきではないと思います。自分の給料をおろす感覚でお金を引き出せるので、金銭感覚がおかしくなってきます。
それから自分の収入に見合った金額の借り入れ(毎月の返済がきっちりできるように)をすること、カードを他人に貸さないことです。