キャッシングができるようになる速度は自動契約機と窓口利用のどちらが早いのか

銀行でキャッシングの契約をするために窓口を訪れたとします。銀行は入出金だけでなく、投資信託や定期預金などの手続きをする人もいるので混雑することが多いです。そのため、手続きを開始するには5分から30分以上かかってしまうこともあります。書類を書くのに約10分、次の審査で1時間かかると考えれば1時間30分近く必要になるので、遅いと感じても不思議ではないです。

例外的手法ですが、窓口の待ち時間を短縮する方法も一応あります。やり方は金融機関が営業を開始した直前に来店するだけです。店内に入り番号札を即座に受け取れば、おそらく3番以内となるので数分以内に呼ばれます。こちらを選ぶとキャッシングの契約にかかる時間は1時間10分ほどです。

自動契約機の方は順番待ちになる事は滅多にないので、行けばすぐに手続きを開始できます。入力に10分、審査は機械で行うので早ければ40分ほどで済むため、かかる時間は合計すると50分ほどです。

PCの扱いに手慣れている人なら、入力時間を2分ほど短縮して8分にできるかもしれません。可能な場合は合わせれば48分となります。

これらの事情から早さの点では窓口利用よりも、自動契約機の方がやや優れています。なので、キャッシングをすぐにでも利用したいと希望する時は、自動契約機を使うと良さそうです。